2018年06月26日

状況が変わるのか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180625/wor1806250005-n1.html
「一方的譲歩」を憂慮 米WSJ紙
http://www.sankei.com/world/news/180625/wor1806250006-n1.html
演習は「百害あって一利なし」 労働新聞(北朝鮮)
http://www.sankei.com/world/news/180625/wor1806250008-n1.html
朝鮮半島情勢は新たなページに 環球時報(中国)

米韓軍事演習関連です。
表面的に見える事象だけで判断すれば、米国の一方的譲歩と受け取れます。
ただ、米国側の思惑として
「こちらはさらに譲歩した、次はお前らだ」というのがあるのではないですかね。
米国系のメディアは批判一辺倒らしいですけど、軍関係者とか自衛隊関係者があまり騒いでいないというのが注意どころではないでしょうか。
北朝鮮と中国の方では小野寺防衛相の発言を難癖つけている感じですけど、小野寺さんは裏面の事を読みつつ発言したのではないですかね。
観測気球みたいな発言を意図的にしたと思います。

それなりにコストがかかるというのは判るのですけど、韓国に駐留するというのがコストと今後の展開という戦略という点で見合わなくなっているというのが実情ではないのでしょうか。
想定よりも、韓国兵の練度が上がらないとうのもあるのかもしれません。
整備コストとか、想定を大幅に超過しているんではないですかね。

いつもの野党の皆さんなら、防衛相発言に食いつきそうなものですけど、思ったより食いついていない感じです。
モリカケとオキナワだけで済まそうというのでしょうか。
食いつくだけの能力というものがあるのか激しく疑問ですけどね。

野党のみなさんが静かすぎるので、どうしたのかと、心配です。
次の指令が来ないので、とにかく時間稼ぎしているんですかね。

防災関係でも騒いでいないというのはどうなんでしょう。
いつものマスコミなら市長に突撃ぐらいやるかと思っていたんですけど、どうしたんですかね。
posted by はせんき at 10:09| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

どうなってくるのでしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180322/wor1803220022-n1.html
米議員、「孔子学院」の監視強化法案を提出 中国の対外拠点、政治宣伝やスパイ活動を警戒
監視強化だそうです。
中国が覇権の野望を隠さないとようやく認識してきたのかという感じです。
政治体制の違いから、日米欧では取れない手段を取ることができますからね。

そんなんでこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180322/wor1803220016-n1.html
米が歴史的な新対中政策 協調路線転換、対決も辞さず ジョージ・ワシントン大のロバート・サター教授
米国の対中政策の向きがかわるほうこうなんだとか。
どこまで厳しい展開になるかは未知数ですね。
一部引用
『中国との協力分野を増やしていけば、中国は米国にとって利益となる方向へと変わる』
素敵なドリーマーでもいたのでしょう。
米国内の「にほんがー」みたいなことやっているのもいますからね。
マーケティングの本場が米国だったとおもうのですが、対日マーケティングが出来ていないのでしょうか。
マイクロソフトにアップル、ハーレーダビットソンも米国企業ですよね。

ルール作ればそれでよしみたいなことは、中国には通じないと思うのですけど、どうですかね。
米国の農産物で今後出てきそうなのが、豚肉ですが・・・近所のスーパで米国産の豚肉見てもおいしそうには見えないんですよね。
このあたりのクオリティをもう少し上げないとうれないでしょう。
オージービーフにかっさらわれたという事を今度は豚肉でやっちゃうのでしょうか。
posted by はせんき at 20:19| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

向きかえればね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180215/wor1802150016-n1.html
南北融和に懐疑的「北への強硬姿勢は不変」 仏ルドリアン外相
http://www.sankei.com/world/news/180215/wor1802150038-n1.html
欧州、南北融和ムードを警戒 仏のルドリアン外相「強硬姿勢で臨むべき」
警戒だそうです。
ようやくというか、遠い地域の事という事で安心していたのでしょうけどね。
向きかえれば、欧州に届きかねない状況になっているというのに気が付かなかったなんて、ないですよね。
戦略兵器だと多少狙いが甘くても言い訳です。(少々極端ですけどね)
そちらに向かって打てますよという事を示すことが兵器を持つ理由ですからね。

ドイツ紙は南北分断について触れているようですが・・・
かの民族を甘く見てはいけないでしょう。
旧冷戦の象徴ともいえる東西分断とは違います。
それに、西側と東側の経済力で上位だったところの旧西ドイツに旧東ドイツでも統一後は経済低迷です。
南と北となると相当にすごいことになるでしょう。
欧州とは契約に関する概念が違うと思いますので、東西ドイツの例を参考になんてしてはいけないでしょう。
posted by はせんき at 20:52| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
いろいろテキトーに書いていく感じになるかと思います。
何か起きるかとかいろいろあるようですが、この記事の時点では起きてないようです。
野党の皆さんの事が異様に少ないので、ネタが少ないかなとか言うところでしょうか。
政策論争みたいなことできないので、マスゴミが忖度でもしているんですかね。
こんな物好きサイトですが、本年もよろしくお願いします。
ラベル:新年 物好き
posted by はせんき at 10:33| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

年末31日ですから

このような物好きサイトにお越しいただきまして、ありがとうございます。
本日12月31日で大みそかというわけですが、予想通りというか、静かな感じです。
大事件なんてあれば別でしょうけど、年末年始ぐらいは静かでもと思います。
来年はどんな年になるか、難しすぎますね。
ある特定の関係者にとって、厳しい事態が進行するだろうなという事ぐらいでしょうか。
心当たりのある方は、少しでなく、対処したほうがいいでしょうね。

2017年の更新としてはこの記事でということですね。
トンデモな事が起きれば別ですけどね。

残り少ないですが、みなさまよいお年を
posted by はせんき at 14:22| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする